上田 五輪イヤー“GO砲”で南野の道!U23アジア選手権開幕 9日サウジ戦

[ 2020年1月9日 05:30 ]

<U23日本代表練習>ボール回しをする上田(左から3人目)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 東京五輪予選を兼ねるU―23アジア選手権が8日に開幕した。開催国枠での五輪出場が決まっている日本は9日、1次リーグ初戦のサウジアラビア戦に臨む。FW上田綺世(21)はリオデジャネイロ五輪が行われた16年の最初の国際試合で2得点した南野拓実(24=リバプール)のように、まずは「五輪イヤー1号」を決めて、五輪代表への生き残りを狙う。

ゴールとともに、上田が五輪イヤーの第一歩を踏み出す。今年最初の公式大会。「僕らは優勝を掲げているので初戦は非常に大事な試合になる。何が何でも勝つために僕はやっていきたい。チームを勝たせるための得点がFWとしての役目」。五輪世代のFW陣の先頭を走る上田は、自負を口にした。

 初めて日の丸を背負ったのは17年12月の森保ジャパン初陣、M―150杯(タイ)。それまでの“選出歴”が関東大学選抜だった無名の大学生は、第2戦の北朝鮮戦で2得点すると言った。「法政の上田綺世という名を、ここから広めていけたらいい」。以後、現在に至るまで五輪世代の森保ジャパン最多の15得点を記録。その言葉を実践してきた。

 そして迎えた五輪イヤー。「一試合一試合で自分にしかできないことをやりつつ、自分の色を出すことができればおのずと五輪にも選ばれると思う」。愚直な思いとともに、こうも言った。「五輪だけを見てしまうと足をすくわれる。僕のキャリアはそこがゴールじゃない」。五輪代表からA代表、そして世界へ。目指すその歩みはリバプールMF南野拓実の軌跡に重なる。

 リオ五輪イヤーの16年。その年初めての国際試合・シリア戦で全2得点を挙げた南野はその後五輪代表に選出され、初戦ナイジェリア戦でゴールも決めた。以後のA代表でのエースとしての活躍や欧州での飛躍は言うまでもない。FWは大迫勇也(ブレーメン)がオーバーエージ枠の有力候補となっている。偉大な先輩の壁は高いが、上田も五輪イヤー初戦で勢いをつけ“南野ロード”を歩んでいく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月9日のニュース