U23日本代表 五輪イヤーは黒星発進…食野意地の一撃も守備陣ミスから決勝点献上

[ 2020年1月10日 00:45 ]

U23アジア選手権1次リーグB組   日本1―2サウジアラビア ( 2020年1月9日    タイ・バンコク )

<U23日本・U23サウジアラビア>前半29分、決定的なピンチをGK大迫(右)が右手一本で防ぐ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 東京五輪男子サッカーに開催国枠で出場が決まっているU―23日本代表は9日、U―23アジア選手権1次リーグB組初戦となるサウジアラビア戦に1―2で敗戦。今大会唯一の海外組となったMF食野(ハーツ)が後半11分に同点ゴールを決めたが、同42分にVAR判定からのPKを決められ黒星発進となった。

 森保ジャパンの東京五輪イヤー初戦は黒星スタートとなった。日本は前半9分、FWハムダンの強烈な左足のシュートをGK大迫がファインセーブ。大迫は同29分にもMFガリーブのシュートに鋭く反応。味方に当たりわずかに方向が変わるなかで右手一本でボールを弾き出しチームの危機を救った。

 攻撃陣はMF食野がドリブル突破から積極的にシュートを狙うも枠を捉えられず。前半26分にはMF田中駿のスルーパスからMF旗手が左足でシュートを狙うも枠外。前半はシュート5本を放つも枠内シュート0本に終わった。

 0-0で後半を迎えるとすぐさま失点。同3分、MFガリーブにドリブル突破を許しゴール前まで運ばれると、最後はMFクライフが右足を振り抜き、左ポストに当たってゴールイン。さすがのGK大迫もこのシュートは止めようがなかった。

 1点を追いかけることになった日本は、ゴールへの意識が高くなりMF橋岡に連続で決定機。同5分、右サイドを突破した旗手がそのままペナルティーエリア右までドリブルで運びマイナス方向にグラウンダーのパス。これを橋岡が右足でシュートするも相手DFにブロックされた。続く右CKのチャンスに橋岡がニアサイドのDFに当たって中央にこぼれてきたボールに反応しダイレクトシュート。これがこの日初めての枠内シュートとなったが、ゴールラインギリギリで相手DFにクリアされてしまった。

 なおも攻め立てる日本は後半11分に待望の同点弾。ペナルティーエリア手前の左でボールを受けた食野が再び積極的な仕掛けから右足でシュートを狙う。するとゴール前で相手DFに当たり軌道が変わったことで相手GKが反応できず。ボールがそのままコロコロとゴールへ吸い込まれた。

 その後日本は後半27分、FW小川に代えFW上田を投入。しかし同40分、守備陣のパスミスからFWブリカンに自陣ゴール前でGK大迫と1対1の場面を作られ相手が転倒。VAR判定の結果PKとなり、これをMFガリーブに決められ失点。

 アディッショナルタイムにMF相馬とMF田川を投入するも時すでに遅し。そのまま試合終了となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月9日のニュース