湘南 今季加入のU―17代表・若月大和、海外移籍交渉中と明かす 新体制発表会見は欠席

[ 2020年1月9日 16:20 ]

湘南の若月大和
Photo By スポニチ

 J1の湘南は9日、公式サイトで19年U―17W杯の日本代表メンバーで今季加入するFW若月大和(17=桐生第一)について、海外移籍の交渉中と明かした。

 サイトで「この度、桐生第一高校より加入します若月大和選手ですが、湘南ベルマーレと契約を交わしたうえで、現在海外移籍の交渉を行っております」と報告。

 「そのため、明日からのチームのトレーニングには合流せず、1月11日(土)に行います、新体制発表会見も出席いたしません」と説明した。

 2020シーズンの新ユニホームのネーム、ナンバーも若月の番号は販売しないとした。

 若月はリベルティー大間々SC、前橋SCJrユースを経て桐生第一に進学。在学中の19年に特別指定選手としてルヴァンカップの札幌戦に途中出場し、公式戦デビューした。同年10月、U―17W杯ブラジル大会に日本代表として出場。1次リーグでは欧州王者のオランダ戦で2得点を挙げ注目を浴びた。20年からの湘南加入が内定していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月9日のニュース