J1湘南、スポンサー料求め提訴 ユニホーム掲載の企業に

[ 2019年12月3日 17:45 ]

 ユニホームに企業名のロゴを付けたのにスポンサー料が支払われなかったとして、サッカーJ1湘南を運営する「湘南ベルマーレ」が、東京の健康食品販売会社「新興和製薬」などに計約1億3700万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。3日に第1回口頭弁論があり、新興和側は争う姿勢を示した。

 訴状によると、2017年12月、7500万円でユニホームの鎖骨部分に新興和製薬のロゴを掲載するスポンサー契約を締結。18年1月にはスペインでの練習試合の中継に2500万円で協賛することで合意した。

 ロゴ付きのユニホームは18年シーズンの試合で選手が着用したほか、グッズとしても販売したが、スポンサー料は支払われていないとしている。

 新興和製薬は「対応は弁護士に一任している」と説明している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年12月3日のニュース