熊谷、女子最優秀選手受賞 AFC年間表彰式

[ 2019年12月3日 05:30 ]

アジア・サッカー連盟の年間表彰式で女子の最優秀選手に選ばれた熊谷紗希(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 アジア・サッカー連盟(AFC)の年間表彰式が2日、香港で開かれ女子の最優秀選手に日本代表「なでしこジャパン」主将としてW杯フランス大会16強入りに貢献し、フランス1部リーグのリヨンでも活躍する熊谷紗希が初めて選ばれた。

 最優秀監督の女子は日本代表の高倉麻子監督が3年連続で受賞。最優秀ユース選手の女子は遠藤純(日テレ)、フットサルの最優秀選手には吉川智貴(名古屋)が選出。男子最優秀選手はカタールのAk・アフィフで、候補だった槙野智章(浦和)は落選。最優秀国際選手には韓国の孫興民が選出された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年12月3日のニュース