J2甲府 伊藤彰監督の続投を発表 J1参入PO1回戦で敗退、3年ぶりJ1逃すも来季は「より攻撃的に」

[ 2019年12月3日 15:54 ]

甲府の伊藤監督
Photo By スポニチ

 J2甲府は3日、伊藤彰監督(47)の来季続投を発表した。

 埼玉県出身の伊藤監督は現役時代に川崎F、大宮、鳥栖、徳島でプレー。2006年限りで現役引退後は大宮で各年代のコーチを経て2016年トップチームのコーチに。2017年5月から11月まで大宮監督を務め、2018年から甲府ヘッドコーチに就任。今季から監督となり、5位で進出したJ1参入プレーオフ(PO)では1回戦で敗退して2017年以来3年ぶりのJ1復帰を逃していた。

 伊藤監督はクラブを通じてコメントを発表。「J1参入プレーオフに進出することはできましたが、とても悔しいシーズンとなり、ファン、サポーター、スポンサーの皆様、そして、山梨県民の皆様の期待に応えられず申し訳ない気持ちでいっぱいです」とした上で「2020シーズンはよりアグレッシブに攻撃的なチームを作り、2019シーズン同様、J1昇格を目指して闘って行きたいと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年12月3日のニュース