ザルツブルク・南野、同点アシストもフラストレーションたまって不満顔

[ 2019年12月3日 05:30 ]

オーストリア1部   ザルツブルク1―1アドミラ ( 2019年12月1日 )

アドミラ戦の後半、攻め込むザルツブルクの南野(右)(共同)
Photo By 共同

 ザルツブルクの日本代表MF南野の後半32分のアシストによる得点で辛くも引き分けに持ち込んだ。

 だが、自慢の攻撃陣にいつもの勢いはなく、下位のチーム相手に攻めあぐねるシーンが目立った。4―4―2のトップ下や右サイド、4―3―3の攻撃的MFなどポジションを変えた南野も自由にプレーさせてもらえず、フラストレーションのたまる展開に表情は暗かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年12月3日のニュース