川島、3番目年長出場も悪夢…必死に味方鼓舞もむなしく

[ 2019年11月20日 05:30 ]

国際親善試合   日本1―4ベネズエラ ( 2019年11月19日    吹田 )

前半、2点目を失った川島(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 所属するフランス1部ストラスブールで今季出番のない川島にとって、今年6月の南米選手権エクアドル戦以来、5カ月ぶりの公式戦。36歳244日での国際Aマッチ出場は日本歴代3位の年長記録となったが、4失点の屈辱を味わい「自分みたいに経験のある選手がもっと引っ張っていかないといけなかったのに」と悔やんだ。 日程&結果  日本代表メンバー

 選手同士の距離が開いていることを必死のコーチングで伝えたものの、国際経験の乏しいDF陣は焦りを募らせるばかり。FWロンドンを目掛けて入ってくるクロスや、ゴール前での競り合いで後手に回り、自身も窮地を救うセーブは見せられなかった。「メンバーが変わった中で、チームを支えることがポイントだった」。指揮官の期待にも応えられず、ベテランの口からは反省の弁ばかりが漏れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月20日のニュース