ベネズエラ、前半4得点で日本撃破 監督「完璧だった」

[ 2019年11月20日 05:30 ]

国際親善試合   ベネズエラ4―1日本 ( 2019年11月19日    吹田 )

<日本・ベネズエラ>前半8分、先制ゴールを決めるベネズエラのロンドン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 日本を撃破したドゥダメル監督は4―0で終えた前半を「完璧だった」と表現。「高い位置からプレスをかけ日本の組織プレーを壊す戦いができた。前半だけで試合の流れが決定的になった」と振り返った。

 一方で無得点に終わった後半に関しては「集中力が多少落ちたし得点を決める必要性が減ったこともある」。ハットトリックを達成したFWロンドンは後半44分に交代。日本のファンからも拍手が送られた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月20日のニュース