主将・柴崎、全体的に後手後手になり反省「いつもより遠い印象」

[ 2019年11月20日 05:30 ]

国際親善試合   日本1―4ベネズエラ ( 2019年11月19日    吹田 )

前半の柴崎(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 森保ジャパンでの試合経験が少ない選手が多い中で、柴崎は主将マークを巻いて奮闘したが、修正に導けなかった。4失点した前半は守備が全体的に後手後手に。ボランチとして軌道修正できず「その辺の全責任は僕にある」と責任をかぶった。 日程&結果  日本代表メンバー

 また、「いつも出ている選手と比較すると、ボールへのプレッシャーのかけ方や距離感がいつもより1歩2歩遠いかなという印象があった。それができた時には大きな力になる」と冷静に振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月20日のニュース