カズ&りさ子夫妻の次男が椎間板ヘルニア手術 5月からサッカーできず決断

[ 2019年11月15日 16:33 ]

三浦りさ子
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表FW三浦知良(52=J2横浜FC)の妻で、モデルでタレントの三浦りさ子(51)が15日、自身のブログを更新。サッカーをしている高校生の次男・孝太くん(17)が椎間板ヘルニアと診断され腰の手術を受けたことを明かした。

 「今週は次男が椎間板ヘルニアの手術で病院に行ったり来たりでバタバタ」と書き出し、4月ごろから孝太くんが「腰が痛い」と訴えていたことを告白。「ここのところずっとボールを蹴ったりするとピーンと痺れが来てサッカーは5月くらいからまともに出来ることがなかったので、病院の先生とも相談して手術することに」と手術を決断した経緯を明かした。

 「神経に当たっていた骨を削ってるから痛みはなくなるけれどそこはまだ固定されるのに2、3ヶ月かかるからここは将来のためにも我慢が大事!と。みな大体ここで油断して再発する人が多いので本当に気をつけて!!と言われ私は不安しかないです」。そう母として尽きない心配をつづったりさ子。

 「エネルギーあふれる次男が身体が動くようになっても我慢できるのか…」「椎間板ヘルニアの手術された方いますか?うちの子みたいにエネルギー有り余っていて、身体動かしたくて仕方ない方はどうやって過ごしていたんでしょうか?」とブログ読者に質問を投げかけていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月15日のニュース