【佐々木則夫 視点】森保J、荒れたピッチでのミス…今後の教訓にしてほしい

[ 2019年11月15日 09:00 ]

サッカーW杯カタール大会アジア2次予選   日本2―0キルギス ( 2019年11月14日    キルギス・ビシケク )

後半、競り合う山口(左から2人目)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 W杯予選はホーム&アウェーなので、敵地では相手チームだけでなくピッチ、気候、雰囲気とも戦わなければならない。荒れたピッチで日本らしいサッカーができず、特に立ち上がりは相手のペースで苦戦したが、2―0で勝てたことは良かった。 日本代表メンバー  日程&結果

 ピッチが悪いと通常では起こらないミスが起きる。ボールの処理を誤ったり、イレギュラーしたりすることは計算しておく必要がある。ピッチがすべり、1対1の対応でDFが相手の切り返しや変化についていけない場面があった。吉田も反転したときに相手との距離があいてしまい、シュートを打たれた場面があった。ちょっとしたことが失点につながるだけに、教訓としてほしい。

 大迫不在の攻撃は、永井の1トップで右サイドに伊東を入れたが、スピードのある選手を使って攻めることが狙いだったと思う。いい形でボールを奪ってショートカウンターでゴールを狙う意図で、何度か形は見えたのは良かった。(元なでしこジャパン監督)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月15日のニュース