U22三好、40メートル弾もバー直撃 ポジション獲得へ「アピールできるように」

[ 2019年11月15日 05:30 ]

練習試合   U22日本代表0―1広島 ( 2019年11月14日    広島広域公園第1競技場 )

 バー直撃のロングシュートで見せ場をつくった。三好は後半開始から2シャドーの右で出場。コンディション調整のため19分間の出場だったが、17分には前に出たGKを確認し、ゴールまで約40メートルの位置から左足でシュートを放った。

 シャドーの位置には同じ左利きの堂安や久保がいる中で「(競争は)今に始まったことじゃない。自分をアピールできるように考えている」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月15日のニュース