21年女子プロL新設へ なでしこLは存続

[ 2019年11月15日 05:30 ]

 日本協会は14日、都内で理事会を開き、21年から新たな「女子プロリーグ」設立を決議した。今後、設立準備室などを設置し、参加チームの選定など準備を進める。現存のなでしこリーグは存続し、プロリーグは別の新リーグとなる。

 また、来年元日の、新国立競技場で開催される天皇杯決勝は東京五輪テストイベントと位置づけられ、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)採用が決定したことも報告された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月15日のニュース