3位・横浜 首位ピタリ追走!鳥栖下し勝ち点1差、MF遠藤が先制弾

[ 2019年11月3日 05:30 ]

明治安田生命J1第30節   横浜2-1鳥栖 ( 2019年11月2日    駅スタ )

鳥栖戦の前半、先制ゴールを決め喜ぶ横浜・遠藤(中央)
Photo By 共同

 首位の背中は見失わない。横浜が敵地で勝ち点3を挙げ、首位鹿島と勝ち点1差の好位置をキープした。前半17分、DFティーラトンの左クロスをMF遠藤が左足ダイレクトで合わせて先制。今季は左サイドを主戦場としているが、右太腿痛を抱えるFW仲川に代わって右サイドで先発し見事に結果を残し、「無難なプレーに終始するつもりはなかった。一つ結果を残せて良かった」とうなずいた。

 遠藤、そして前半22分のFWエリキの追加点に対し、ポステコグルー監督、スタッフ、控えの選手たちはピッチサイドぎりぎりまで飛び出して大喜び。GK朴(パク)一(イル)圭(ギュ)は「皆が同じベクトルを持っている証拠。練習から良い雰囲気でやれている」と明かす。04年以来のリーグ制覇を射程圏内に捉えながら、チームが結束力をさらに高めていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月3日のニュース