星稜 ヤクルトのドラ1奥川がスタンドから声援を送るも勝利ならず

[ 2019年11月3日 16:55 ]

星稜サッカー部のユニホームを着てスタンドから応援する奥川(中央)
Photo By スポニチ

 奥川がスタンドから声援を送るも、勝利には届かず…。全国高校サッカー選手権石川県大会決勝が3日、金沢市の西部緑地公園陸上競技場で行われ、星稜は延長戦の末に鵬学園に1―2で敗戦。3大会連続29度目の全国大会出場はならなかった。

 スタンドの応援席には、同校野球部で今夏に全国準優勝を果たし、ヤクルトからドラフト1位で指名された奥川恭伸投手の姿があった。サッカー部のユニホームを着て同級生らに声援を送ったが、歓喜の瞬間は見られなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月3日のニュース