C大阪DF舩木 丸橋ケガで定位置“定着”誓う「ポジション奪いにいく」

[ 2019年10月15日 05:30 ]

C大阪のDF舩木
Photo By スポニチ

 C大阪は14日、2日間のオフを経て練習を再開した。11日にDF丸橋が外傷性気胸、肺挫傷、左肋骨骨折で全治4~6週間と診断。代役として期待されるDF舩木は「今まではマル(丸橋)くんが出ていて勝っていた。自分が出始めて負けるのは嫌。“マルくんがいれば…”という声を変えていきたい」と気合を入れ、残り6試合で「ポジションを奪いにいく」と宣言した。

 開幕からリーグ2試合連続でスタメンも、その後は出番なし。6月のトゥーロン国際大会以降はU―22代表にも選出されていないが、東京五輪行きを諦めていない。まずは18日の札幌戦から存在感を示していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月15日のニュース