浦和、前半3失点反省…興梠は次戦に切り替え「次につながった」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

ルヴァン杯準々決勝第1戦   浦和2―3鹿島 ( 2019年9月4日    埼玉 )

後半、アディショナルタイムヘディングシュートを放つ浦和・興梠 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 0―3から1点差まで追い上げたが、ホームで敗戦。大槻監督は「サポーターに謝罪したい。失点は仕方ないとしても、失点した後の振る舞いや顔つきが残念だった」と3失点した前半の内容を振り返った。

 後半7分に途中出場して同13分にゴールを決めたFW興梠は「(前半を)ベンチから見ていて“ほんとに勝つ気あるのかな?”という感じだったが、後半に2点取れて、次につながった」と切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月5日のニュース