スペイン代表 ルイスエンリケ監督辞任、個人的理由 モレノ氏昇格

[ 2019年6月19日 23:52 ]

 スペイン・サッカー協会は19日、スペイン代表のルイスエンリケ監督(49)が個人的な理由で辞任すると発表した。

 2014~17年にバルセロナを指揮したルイスエンリケ氏は、昨年7月に同代表監督に就任。3月からチームを離れており、同協会は「緊急を要する家族の問題」と説明していた。

 監督代行を務めていたコーチのロベルト・モレノ氏(41)が正式に監督に昇格する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月19日のニュース