チリ、V3へ好発進 ルエダ監督納得の表情「内容の濃い試合をやろうと思った」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

南米選手権・1次リーグC組   チリ4―0日本 ( 2019年6月17日    サンパウロ )

日本戦の前半、先制ゴールを喜ぶチリイレブン(共同)
Photo By 共同

 前半41分にセットプレーから先制し、後半は遅攻と速攻を織り交ぜて3点を追加した。冷静な試合運びが光り、ルエダ監督は「ディフェンディングチャンピオンは通常、初戦で悪い結果が出ることが多い。謙虚に、内容の濃い試合をやろうと思った」と納得の表情だった。

 負傷から回復途上だったエースのサンチェスも先発し、終盤にヘディングで得点して不安を払しょく。3大会連続の優勝へ好発進した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月19日のニュース