上田、1トップ出場も決めきれず猛省「改善策を考えたい」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

南米選手権・1次リーグC組   日本0―4チリ ( 2019年6月17日    サンパウロ )

後半、ゴール前でシュートを放つも得点ならず悔しがる日本・上田(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 唯一の大学生FWは1トップで出場した。後半12分、MF柴崎の鋭いクロスをゴール左でフリーで受け、滑り込みながら右足で合わせにいったが枠の外。同24分には途中出場の安部からのグラウンダーのクロスにファーサイドで飛び込むも、惜しくも外れた。

 「自分としては外したけど、手応えがあった。ただ“手応えがあった”と確認しただけでは済まない立場」と猛省。「どうしたら得点できたのか、改善策を自分の中で考えていきたい」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月19日のニュース