19歳大迫敬、ほろ苦Aマッチデビュー「自分がプレーできて凄く刺激を受けた」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

南米選手権・1次リーグC組   日本0―4チリ ( 2019年6月17日    サンパウロ )

後半、この試合3失点目を喫する日本(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 4失点でほろ苦い国際Aマッチデビューとなった19歳の守護神は「世界でやっている選手の中で(Jリーグの)自分がプレーできたのは凄く刺激を受けていて、本当にこのままじゃだめだなって思っている」と危機感を募らせた。

 マークが緩くなった2失点目や、前半から狙われ続けたファーでクロスに合わせられる形で喫した3失点目について「もっと自分たちがアラート(注意)しないといけないところだった」と特に反省した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月19日のニュース