久保に聞く「決定的なチャンスで決め切れなかった。とても悔しい」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

南米選手権・1次リーグC組   日本0―4チリ ( 2019年6月17日    サンパウロ )

敗戦に肩を落とす久保建(右から2人目)ら日本イレブン(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 ――後半途中から自在に動いてパスをさばいたり、左右に振っていくシーンがあった。

 「途中からみんな速いパスとかもくれるようになった。何回かサイドや真ん中だったりでいい連係をつくれた。0―0の時にあれができていたらもっと違ったのかなと試合が終わって強く思った」

 ――シュートの意識。

 「シュートも打たないと入らない。後ろの方でボールを回していても全くダメだなと思った。チームとして積極的にシュートで終わるというのは次の試合から心掛けていきたい」

 ――チームで足りなかったところは?

 「向こうは決定的なチャンスは全て決めてきたのに対して、自分たちは決定的なチャンスで決め切れなかった。2、3点入っていれば分からなかったのに決め切れずに点差を広げられてしまったことが、とても悔しい」

 ――チリとの差は?

 「攻撃のバリエーションが向こうは凄く多い。ワンタッチやチームでの崩しがうまかった。臨機応変に対応されていたし、攻撃も対応しきれなかった」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月19日のニュース