前田、巻き返し誓う「1本決めるか決めないかが勝負になってくる」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

南米選手権・1次リーグC組   日本0―4チリ ( 2019年6月17日    サンパウロ )

後半、日本・前田がドリブルで攻め込む(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 右MFで起用されたが、連係不足で良さが出せないまま後半途中交代した。「1本タケ(久保)からボールが来たんですけど、ああいうのを増やしていかないと自分の良さは出ない」とウルグアイ戦に向けた修正点を説明。

 ブラジル紙グロボ(電子版)でスペイン1部の名門バルセロナが獲得に興味を示していると報じられた背番号9は「ウルグアイ戦は本当にチャンスが少ないと思う。1本決めるか決めないかが勝負」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月19日のニュース