冨安、マーク緩くなり失点 険しい表情で「僕らが耐えきれなかった」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

南米選手権・1次リーグC組   日本0―4チリ ( 2019年6月17日    サンパウロ )

前半、必死のディフェンスを見せる日本・冨安(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 試合の流れを決められたチリの2点目、バルガスのダイレクトシュートは、自身をかすめてゴールに吸い込まれた。後半9分、マークが緩くなったところから蹴り込まれた冨安は「押し込まれている中でどれだけしのぎきれるかというところだったが、あれだけ押し込まれると、もちろん疲労は出てくる。そこで僕らが耐えきれなかったというシンプルなこと」と険しい表情で振り返った。

 序盤は耐えていたが、後半に入ると徐々に守備の寄せの甘さを露呈していった。「どう試合をコントロールして勝ちに結びつけるか、得点をいかに取っていくかというところは僕らが学ばないといけないところ」。チリから学んだ反省点を、ウルグアイ戦で生かす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月19日のニュース