浦和、“ACL男”興梠が口火弾決める「ホームでは失点をせず、大量得点が理想」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

 ACL3戦連発中のFW興梠が決勝トーナメント1回戦のホーム蔚山戦でゴールラッシュの口火を切る。「韓国勢とは球際の勝負になる。ホームでは失点をせず、大量得点が理想」と話した。敵地での第2戦(26日)を前に、可能な限りアドバンテージを奪うつもりだ。

 また、ACL初采配の大槻監督は「我々は日本で唯一、2度(ACLの)タイトルを獲得している。成功体験を持つ者は成功の素晴らしさを知っている」と熱い“組長語録”で選手に気合を注入した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月19日のニュース