久保、王様も神様も超える 伝説第1章の幕開けで南米大陸初勝利導く

[ 2019年6月18日 05:30 ]

練習の合間に笑顔を見せる久保建(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 C組の日本代表は17日(日本時間18日午前8時)、チリとの1次リーグ初戦をサンパウロで迎える。レアル・マドリードに移籍したMF久保建英(18)は、2シャドーの一角でAマッチ初先発が濃厚。出場すればペレ、マラドーナら伝説的スターを超える18歳13日での大会デビューとなる。日本の至宝が南米大陸での初勝利へ導く。16日は日本と同じC組のウルグアイがエクアドルに4―0で快勝した。

 サッカー王国で、久保は“伝説”への道を切り開いていく。試合会場で行われた前日練習の冒頭の円陣では、森保監督の真左に立って話を聞いた。15歳年上の岡崎にデコピンするおちゃめな姿も見せた一方で、プレーの邪魔となる会場のライトの位置を確認するなど試合に備える姿勢に抜かりはない。取材は「明日の試合後にお願いします」と断り、集中を高めた。

 ついに久保が「W杯と同じ規模」と捉える南米選手権の幕が開く。ピッチに立てば、18歳13日で日本人最年少のA代表公式戦出場。金田喜稔の最年少ゴール記録(19歳119日)更新も懸かる。ただ、その記録の価値は日本だけにとどまらない。ペレが南米選手権で初出場したのは18歳138日。久保はペレのほか、ジーコ、マラドーナ、ロナウドらレジェンドに加え、現在のサッカーを引っ張るメッシやネイマールらよりも早い南米選手権デビューとなる。米国代表のプリシッチらが17歳で出場した例はあるとはいえ、日本の18歳が「王様」や「神様」や伝説的な選手を超えるのだ。

 日本代表は1999年の南米選手権、13年のコンフェデ杯、14年のW杯と南米大陸で一度も勝利がない(2分け7敗)が、主将の柴崎は会見で「彼らが日本サッカーの未来を担っていく」と久保を筆頭とする新世代に期待を寄せた。目指すは、因縁の地で3連覇を狙う強豪からの初勝利。「自信がないわけじゃない」。そう語っていた久保にとって、世界的なプレーヤーへの第一歩を刻むにふさわしい舞台となる。試合はDAZNが独占中継する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月18日のニュース