J2新潟・早川、がん検診啓発アンバサダー就任 復帰目指す「考えるきっかけになってほしい」

[ 2019年6月18日 05:30 ]

 白血病からの公式戦復帰を目指すDF早川史哉(25)が新潟市の「がん検診啓発アンバサダー」に就任すると発表。がん検診の大切さを広くアピールし、受診率向上を図るという。

 任期は任命式が行われる26日から21年3月末まで。小児病棟への訪問活動を行ってきたという早川は「予防や早期発見、検診を通じて救われる命があります。これから取り組む活動を知ってもらい考えるきっかけになってほしいと思っています」とクラブを通じコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月18日のニュース