久保 チリ戦でスタメン出場 A代表公式戦出場では歴代最年少記録

[ 2019年6月18日 07:20 ]

久保建(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 サッカーの南米選手権は17日(日本時間18日)、1次リーグ・C組がブラジル・サンパウロで、FIFAランキング28位の日本代表と同16位の強豪・チリ代表が対戦する。キックオフに先立って、先発メンバーが発表され、レアルマドリードに移籍するMF久保建英(18)が名を連ねた。A代表の公式戦出場では歴代最年少の記録となる。

 久保はこの日、小野伸二のW杯フランス大会ジャマイカ戦で記録した、18歳272日を塗り替え、18歳13日で、A代表の公式戦出場としては歴代最年少記録。国際Aマッチ最年少出場記録は市川大祐の17歳322日だが、98年4月1日の韓国戦は親善試合でW杯、同予選、アジア杯などの大陸別選手権の公式戦とは異なる。本大会はDAZNが独占中継。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月18日のニュース