FC東京・室屋 サイド制圧で広島倒す「しっかり抑えたい」

[ 2019年4月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第8節   FC東京ー広島 ( 2019年4月19日    Eスタ )

 FC東京の日本代表DF室屋が勝ち点17で並ぶ首位・広島との天王山でサイド制圧を誓った。過去7戦の対戦成績は4勝2分け1敗と相性は良いが油断は一切ない。気鋭の右サイドバックは2試合連続得点と波に乗るMF柏とのマッチアップが濃厚だが「どんどん仕掛けてくる、怖さのある選手。ただ自分も1対1は得意なので」と主導権を譲るつもりはない。

 また、準優勝したアジア杯でともに戦った日本代表DF佐々木とも右サイドで対峙(たいじ)する可能性が高い。「ヘディングが強くて危険なプレーヤーなので、自由にやらせないようにしたい」としつつ「(柏と佐々木の)両選手がいるサイドが相手の重要なポイントなので、しっかりと抑えたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年4月19日のニュース