バルサVS神戸実現!三木谷社長「世界が注目する戦い」

[ 2019年4月19日 05:30 ]

笑顔を見せる楽天・三木谷浩史社長(左)とFCバルセロナのアビダル氏(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天は都内で会見を開き、7月に国内で「Rakuten Cup」を開催することを発表した。

 楽天が胸スポンサーを務めるスペインの名門バルセロナが、同社が保有するJ1神戸、プレミアリーグの古豪チェルシーとそれぞれ対戦する。7月23日にチェルシー戦(埼スタ)、27日に神戸戦(ノエスタ)が行われる。三木谷社長は「今回は世界が注目する戦いだと思う。これまではJリーグのチームと海外のチームの戦いが標準だったが、今回はヨーロッパのNo・1、2を争うチームが対戦するというドリームが実現する」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年4月19日のニュース