アグエロ“決勝弾”幻に…VAR判定に泣きイングランド初4冠消えた

[ 2019年4月19日 05:30 ]

欧州CL準々決勝第2戦   マンチェスターC4-3トットナム ( 2019年4月17日 )

欧州CL8強敗退となり落胆するマンチェスターCのアグエロ(AP)
Photo By AP

 マンチェスターCは初優勝を目指したが、VAR判定に泣いた。

 終了間際に右サイドを突破したFWアグエロのパスからFWスターリングがゴール。逆転突破を決める“決勝点”かと思われたが、アグエロがオフサイドの位置にいたと確認されて幻に。イングランド初の4冠の可能性が消え、グアルディオラ監督は「受け入れなければいけない」と肩を落とした。敵地で0―1だった第1戦から一転しての“乱打戦”。後半14分のアグエロの得点で4―2(2戦合計4―3)としたが、同28分のCKからの失点が響いた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年4月19日のニュース