ロティーナ監督 旧友リージョ氏去り寂しげ「どの国でも起こり得ること」

[ 2019年4月19日 05:30 ]

C大阪のロティーナ監督
Photo By スポニチ

 C大阪のロティーナ監督は旧友との突然の別れに表情を曇らせた。

 前日17日、神戸の指揮を執っていたリージョ監督が事実上の解任。同じ指揮官として27年前からしのぎを削ってきただけに「内部事情を知らないので、私がコメントできることはほとんどない。どの国でも、どんなチームにも起こり得ることだ」と言葉少な。ただ、「素晴らしい外国人選手や代表クラスを獲得したので、期待感が高かったと思う。そして期待感は重圧につながることもある」とライバルをおもんぱかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年4月19日のニュース