札幌 世界的デザイナー・相澤陽介氏のクリエイティブディレクター就任を発表

[ 2019年2月21日 15:35 ]

 J1の札幌は21日、ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)のデザイナー、相澤陽介氏(41)がクラブのクリエイティブディレクターに就任すると発表した。2019年シーズンのポスターをはじめ、シーズンの途中からはアパレル関連のクラブオフィシャルグッズのデザインなどを手掛ける予定。

 相澤氏は1977年10月25日生まれ、埼玉県出身の41歳。多摩美術大染織科を卒業後、「COMME des GARCONS」を経て2006年に「White Mountaineering」をスタート。これまでにMoncler W」、「BURTON THIRTEEN」、「adidas Originals by White Mountaineering」など様々なブランドのデザインを手がける。18年には「HUNTING WORLD」のクリエイティブディレクターに就任。多摩美術大生産デザイン学科の客員教授も務めている。

 クラブは、世界的デザイナーとのコラボで「さらなるブランディング力の向上に努めて参ります」としている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年2月21日のニュース