川崎F・ダミアン ゴールの度に新パフォーマンス宣言

[ 2019年2月21日 20:02 ]

川崎FのFWレアンドロ・ダミアン
Photo By スポニチ

 川崎Fの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(29)が新ゴールパフォーマンス宣言だ。

 今季、12年ロンドン五輪得点王の看板を引っ提げブラジルの名門インテルナシオナルから加入。豪快な左足ボレーでチームに今季初タイトルをもたらした16日の浦和との富士ゼロックス・スーパー杯では、ゴール直後にFW小林悠(31)との融合で人気漫画「ドラゴンボール」の合体技・フュージョン・ポーズを披露した。

 史上初となる多摩川クラシコでのリーグ開幕となるホームのFC東京戦を2日後に控えた21日、練習後に取材に応じたダミアンは、今後のゴールパフォーマンスについて問われると「まず考えるのは勝利」と強調しつつも「新しいパフォーマンスを出せるように考えている」と明かした。

 ただ「先に言うとゴールできなくなるので内緒です」とニヤリ。「同じのを繰り返すとはあまり好きじゃない」と既に新パフォーマンスを準備していることを示唆した。ブラジル時代は1シーズンに公式戦で41得点をマークした年もあったようで「そのときはネタがなくなった」とダミアン。川崎Fでもネタ切れほどの得点量産が期待される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年2月21日のニュース