なでしこ高倉監督W杯優勝へ「高める場」 福島・Jヴィレッジで合宿

[ 2019年2月21日 05:30 ]

米国遠征に向けた合宿で、体を動かす鮫島(右手前)らサッカー女子日本代表
Photo By 共同

 なでしこジャパンは20日、今月下旬からの米国遠征に向け福島県のJヴィレッジで合宿をスタートさせた。東京電力福島第1原発事故の対応拠点として使われた同施設は昨年7月に営業を再開したばかり。A代表が合宿を行うのは男女通じて初めてだった。

 小雨が舞う中で約1時間、軽いランメニューやミニゲームをこなした。米国での大会では強豪・米国やブラジル、6月のW杯フランス大会1次リーグで対戦するイングランドとも対戦する。W杯前の貴重なテストの場に向け、高倉監督は「全てを懸けて日本のために戦う思いを選手と確認した。W杯の優勝にたどり着くために、チームの可能性や強度を高める場にしたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年2月21日のニュース