川崎F・MF山村 “高い身長とユーティリティー性 王者にピッタリ

[ 2019年2月21日 10:00 ]

MF山村和也
Photo By スポニチ

 【19年J1注目の男(18)】川崎Fに昨年までチームに足りなかった高さを加えたのは、16日の富士ゼロックス・スーパー杯で鮮烈デビューを飾った元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンだけではない。C大阪から加入した元日本代表MF山村和也(29)も、その一人だ。

 1メートル86の長身を誇る文字通り大型ボランチ。C大阪時代は本職に加えてトップ下でも起用され、眠っていた得点能力も開花させた。山村自身も「空中戦は自分のストロングポイントだと思ってやっていきたい」と自覚は十分。強さや高さも求められるACLなどでは、ダミアンとの強力ツインタワー結成も考えられる。

 期待は高さだけではない。ボランチ、トップ下だけでなく、センターバックも高いレベルでこなす、まさに“超絶”ユーティリティー。複数タイトルを目指すチームにとってはこの上ない戦力となる。しかも、山村がJ1で最もゴールを決めている“お得意さま”だったのが、実は川崎F。この点でもクラブには大きな補強だ。

 「求められている場所でしっかり結果を残せるように頑張りたい」。甘いマスクの長身MFが、V2チームに新たなエッセンスを加えてチームをさらなる高みへと引き上げる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月21日のニュース