流通経大柏 関川、真骨頂ヘッド!5発完封で2大会連続決勝へ

[ 2019年1月13日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権準決勝   流通経大柏5-0瀬戸内 ( 2019年1月12日    埼玉 )

<瀬戸内・流通経大柏>前半42分、ゴールを決める流通経大柏・関川=左(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 真骨頂を発揮した。2―0の前半42分。左ショートコーナーからファーサイドへのクロスに走り込んだのは、今春の鹿島入りが内定している関川だった。相手DFのはるか頭上から頭で叩きつけ、今大会2点目。本職の守備でも相手を完封し「帰ってこなければいけない場所に帰ってきた」とうなずいた。

 昨年大会決勝では後半アディショナルタイムに失点を喫し、涙の敗戦。「今でも夢に見る」というほどの苦い記憶だ。だが、「優勝できていたら、ここまでモチベーション高くやってこられなかったと思う。負けて良かったではないが、負けが良い経験になっている」と悔しさに突き動かされ、再び決勝の舞台に帰ってきた。

 昨年大会後に右膝を手術。昨春、鹿島のクラブハウスでリハビリをする機会に恵まれ、常勝軍団の意識の高さに圧倒された。「プロの選手は練習に対するこだわりや一日の過ごし方が全然違う」。刺激を受けてからは、練習前のストレッチに時間をかけるようになり、ベスト体重の74〜75キロを維持するため食事量にも気を使うようになった。

 試合を観戦した鹿島のFW安部裕葵とDF安西幸輝は「めっちゃいい(選手)。植田くんに似ている」と元鹿島のDF植田直通(現セルクル・ブリュージュ)になぞらえた。空中戦に強いなど、共通点が多い“ポスト植田”には「数年すればレギュラーになれる」と鹿島の強化サイドも太鼓判を押している。

 「青森山田は前線に良いアタッカーがいるけど、封じ込めたい。競り合った選手には負けたくないし、空中戦は譲らない」と、高校生活最後の戦いに闘志をみなぎらせた。

 ◆関川 郁万(せきがわ・いくま)2000年(平12)9月13日生まれ、東京都八王子市出身の18歳。狭間FC―FC多摩―流通経大柏。空中戦に強く、高校では1年から主力としてプレー。好きな選手はスペイン代表DFのセルヒオラモス。1メートル80、74キロ。家族は父、母、兄、姉。

《左部主将「次につながる」雪辱へ「必ず勝たないと」》主将のFW左部(さとり)は「得点がたくさん取れたことは、次につながる」と大勝を喜んだ。ここまで全試合に先発し、主将としてチームの精神的支柱になっている。決勝では大会初ゴールも見据え、「去年、決勝で悔しい思いをした。自分たちは必ず勝たないといけない」と気持ちを引き締めた。

 《プレスこだわり調整 本田監督対策ズバリ》本田監督は「入り方も良かったし、上手にプレスをかけられた」とイレブンを称えた。準々決勝後は初出場の相手の分析を行い、プレスのかけどころにこだわって調整してきたという。習志野高時代を含め全国総体3度、選手権1度の優勝を誇る名将は「決勝は今日のようにはいかない。相手の良いところはいっぱいあるので、それをいかに消すか」と中1日の決戦に向けて準備を進める。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月13日のニュース