松本の今季初練習にファン1000人 反町監督「J1で生き残るために1日1日大事にやりたい」

[ 2019年1月13日 16:14 ]

 J1松本は13日、松本市内で今季初練習を行った。およそ1000人のファンが見つめる中、イレブンは約2時間、汗を流した。

 新加入のMF町田也真人(29)は「松本のサポーターがすごいのは分かっていたけどこんなに来てくれてうれしい」と笑顔だった。反町康治監督(54)は「サポーターがたくさんいることがみなさんの気持ち(期待)だと思う。J1で生き残るために1日1日大事にやりたい」と決意を新たにしていた。

 今季はこの日までに13人が加入。1/3が入れ替わったチームでは戦力の融合がテーマになる。「チームとして同じ方向をむかないと」と指揮官。戦力を見極めながら2月23日の磐田との開幕戦へ準備を進める。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月13日のニュース