森保J、アジア杯1次リーグ突破!原口PKでオマーンに1―0勝利

[ 2019年1月14日 00:20 ]

アジア杯1次リーグ第2戦   日本1―0オマーン ( 2019年1月13日    アブダビ )

前半、PKを決める原口(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 サッカーのアジア杯は13日、1次リーグ第2戦が行われ、F組の日本代表は、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビでFIFAランク82位のオマーンに1―0で勝利。2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 前半からオーマン陣内に幾度となく攻め入る日本だったが、相手GKの攻守に阻まれてなかなか先制点を奪えず。それでもMF原口がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得すると、これを自身できっちりと決めて前半28分に1点を先行した。

 引き分け以上でグループステージ突破が決まる1戦。後半はFW武藤を投入するなど追加点を狙ったが、決定機まで至らず。それでも安定した守備で逃げ切り、決勝トーナメント進出を決めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月13日のニュース