野津田 広島復帰に意気込み十分 背番号7に恥じないプレーを

[ 2019年1月13日 05:00 ]

 4年ぶりのリーグ優勝を目指すJ1広島が12日、広島市内でキックオフイベントを開催した。

 仙台への期限付き移籍が終了し、4年ぶりの古巣復帰となったMF野津田は背番号7をつけることが決定。過去には日本代表の森保一監督や16年に現役を引退した森崎浩司氏らが背負った番号で「重い数字。覚悟はある。恥じないプレーをして自分の背番号にしたい」と意気込みを語った。昨季リーグ23試合2得点。仙台からは完全移籍のオファーも届いたものの、昨季限りで引退した森崎和幸氏のセレモニーを見て「生え抜きが活躍するのが大事」と復帰を決意した。チームは15日から始動。2月23日に清水と開幕戦を迎える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月13日のニュース