オマーン・ピム監督 日本熟知の不敵な笑み「勝ち点3を奪う」

[ 2019年1月13日 05:30 ]

アジア杯1次リーグF組   オマーン-日本 ( 2019年1月13日    アブダビ(UAE) )

会見に臨むオマーン代表・ピム監督(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 オマーンは98、99年に大宮、03年に京都を率いたピム監督は、日本を熟知しているのではないかと問われると「遠い遠い昔のことだ」と笑いながらも、03年以降も日本のことを意識して追い続けていたと明かした。

 オーストラリア、モロッコを率いて日本と対戦した経験も持ち「コンビネーションがあり、ハードワークしてくる」と印象を説明。互いに連係力を生かしてつなぐチームだけに「ファンタスティックな試合になる」と予想し「恐れはない。勝ち点3を奪いにいく」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月13日のニュース