星槎国際湘南 渋谷主将、歓喜の涙「優勝できると思ってなかった」

[ 2019年1月14日 01:20 ]

第27回全日本高校女子サッカー選手権大会(スポニチ後援)最終日・決勝   星槎国際湘南1―0常盤木学園 ( 2019年1月13日    神戸市・神戸ユニバー記念競技場 )

 星槎(せいさ)国際湘南(神奈川)が大会最多5度の優勝を誇る強豪、常盤木学園(宮城)を1―0で破り、大会史上最速の創部5年目で初の全国制覇を果たした。星槎国際湘南は前半23分、DF黒柳智世(2年)のFKで先制し、前線からの速い寄せのよる組織的な守備でこの1点を守り切った。夏の高校総体の覇者、常磐木学園の6大会ぶりの復活Vはならなかった。

 わずか創部5年目での頂点。その歴史的瞬間を星槎国際湘南イレブンはとびっきりの笑顔で迎えた。

 「優勝できるとは正直、思ってませんでした。うれしいです。勝ったらみんなで笑おうって……。でも何で、私、泣いてんだろう」

 DF渋谷巴菜(しぶや・はな)主将(3年)は顔をくちゃくちゃにして泣き笑い。笑顔の仲間と抱き合いながら喜びを分かち合った。

 星槎国際湘南の冬の選手権の勝ち星は今大会を迎えるまで初出場だった14年度大会の1勝のみだった。最近3大会は全て初戦敗退。昨年のU―20女子W杯フランス大会で日本の優勝に大きく貢献した卒業生、宮沢ひなた(日テレ・ベレーザ)を擁しても越えられなかった高いカベをこの冬、一気に飛び越えた。

 「チーム力は去年の方が上。優勝してもおかしくないチームでした。頑張っても結果が出ないこともあります。いろんな人の支えと失敗があってそういう土台の上に今のチームはあると思います」

 14年4月の創部から指揮を執る柄沢俊介監督はこうこの5年を振り返った。昨年までの「失敗」を糧に今夏、日本一だった従来の大目標を目の前の勝利に注力することに転換した。一戦必勝。そして、成し遂げた4年ぶりの初戦突破。この1勝で選手から力みが消えた。決勝点は「右足を思い切り振り抜きました」というDF黒柳の30メートル弾。黒柳にとってはこれが高校で初めて挙げたFKによる得点となった。

 選手は「女子サッカー」を専攻している。

 目指すは世界――教室ではバルセロナ、レアルマドリードなどの映像を教材に世界最先端の戦術を学んでいる。元西ドイツ代表でW杯優勝経験もあるテクニカルアドバイザー、リトバルスキー氏から直接、指導を受ける機会もある。今大会の初戦前夜のミーティングでは「仲間を信じろ」との金言を贈られた。ジュニア(レイアU―15)、ユース(星槎国際湘南)、トップ(OSAレイアFC)と3世代一貫指導体制の下、継続的にトレーニングできるのも大きな特色。過去の選手権で辛酸をなめた卒業生と同じグラウンドで切磋琢磨(せっさたくま)することで、5年という短期間での“伝統”の醸成を可能にした。

 「もうちょっとサッカーの質を上げていかないと。きょうは勝ちましたが、反省することが大切です」

 淡々とした表情で初優勝を総括した柄沢監督の言葉が星槎黄金時代の到来を予感させる。

 ≪宮城・常盤木学園2冠ならず≫初戦で大会連覇を目指した藤枝順心(静岡)を退けるなど日ノ本学園(兵庫)、十文字(東京)の歴代優勝校を次々に撃破してきたが、決勝では新進校に惜敗。夏冬2冠達成はならなかった。3日後に左膝の手術を受けるGK今井主将は痛みに耐えながらゴールを守り続けたが、悲願の復活Vには一歩届かず。「悔しいです。自分たちに何か足りないものがあったからこういう結果に」と肩を落として涙を流した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月13日のニュース