矢板中央8強進出!白井“曲芸”ヒール弾「決まってビックリ」

[ 2019年1月4日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権3回戦   矢板中央1―0立正大淞南 ( 2019年1月3日    等々力 )

<立正大湘南・矢板中央>前半2分、華麗なヒールキックでゴールを決める矢板中央・白井(右から2人目)(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 矢板中央(栃木)はDF白井のヒールシュートで準々決勝に進出した。

 前半2分に左CKのこぼれ球をDF五十嵐がシュート。ミスキックだったが、ゴールを背にした白井が右足かかと内側でコースを変えて決めた。「とっさに足が出た。決まってビックリ」と白井。次戦で青森山田を破って、昨年に続くベスト4入りを狙う。

 ▼立正大淞南南監督 向こうの方が守備力が上だった。一つずつ階段を上ってここまで勝ち上がってきた。また戻ってきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月4日のニュース