麻也 激しいタックルで完封貢献!代表合流前に“MOM級”活躍

[ 2019年1月4日 05:30 ]

プレミアリーグ   サウサンプトン0―0チェルシー ( 2019年1月2日 )

チェルシー戦でウィリアン(左)と競り合うサウサンプトンの吉田(中央)(AP)
Photo By AP

 サウサンプトンのDF吉田が日本代表合流前、最後の一戦で秀逸なプレーを披露した。5バックの中央でフル出場し「アジア杯に行く前に少しでも貢献しないといけない」と無失点を誇った。

 強豪相手に球際で強さを示し、前半には激しいタックルでブラジル代表MFビリアンを負傷交代に追い込んだ。終盤にはゴール前に進入するフランス代表MFカンテを間一髪、絶妙な左足タックルで止め「一歩や半歩のディテールがうまくいった」。地元衛星放送スカイスポーツではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。ハーゼンヒュットル監督は吉田の離脱に「ベストプレーヤーの一人なので痛い」と頭を抱える。代表主将という重責も担うセンターバックは「アジア杯を獲ることが第一」と切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月4日のニュース