被災地に届け!瀬戸内 中川の気迫2発で県勢9年ぶり8強

[ 2019年1月4日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権3回戦   瀬戸内2―1岡山学芸館 ( 2019年1月3日    駒沢 )

<瀬戸内・岡山学芸館>後半15分、勝ち越しゴールを決めガッツポーズする瀬戸内・中川(中央)(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 瀬戸内(広島)はエースFW中川(2年)の2得点で、県勢9年ぶりの8強入りを決めた。

 先制を許す展開も「次にどっちが1点を取るかが大事だと思っていた。気持ちで押し込んだ」と前半終了間際に同点弾。勢いに乗ると後半15分にはドリブル突破から左足でねじ込んだ。昨夏は豪雨災害を経験。直接の被害は受けなかったが練習を中止して選手全員でボランティアに参加。「サッカーができるのは当たり前じゃない。少しでも笑顔と勇気を与えられれば」とさらなる躍進を誓った。

 ▼岡山学芸館MF永田(3試合4得点)もっと点が取れた。悔いは残るけど、楽しい3年間でした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月4日のニュース