“県勢”夏冬連覇へ!日本航空 0―2から3発大逆転勝利

[ 2019年1月4日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権3回戦   日本航空3―2丸岡 ( 2019年1月3日    駒沢 )

<丸岡・日本航空>後半6分、勝ち越しゴールを決め日本航空イレブンに祝福される小田(右から2人目)(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 日本航空(山梨)が夏冬“県勢”連覇に照準を合わせた。

 3得点全てセットプレー絡みで2点のビハインドをはね返す大逆転勝利。夏の総体では山梨学院が優勝。県内でしのぎを削るライバルの躍進に、今大会初出場で主将のMF塚越は「(総体の)県予選では0―2で負けたけど、日本一は遠くないと思った」と刺激になったという。準々決勝の相手は瀬戸内。粘り強く、泥くさく、頂点まで一歩ずつ駆け上がる。

 ▼丸岡小阪監督 調整試合を含めて、やられていたのはセットプレー。ウチの弱いところが出てしまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月4日のニュース