なでしこジャパン、2大会ぶり世界一なるか 来年の女子W杯組み合わせ決定

[ 2018年12月9日 14:22 ]

なでしこジャパンの高倉監督
Photo By スポニチ

 来年6月に開幕する女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の組み合わせ抽選会が行われ、女子日本代表「なでしこジャパン」は1次リーグでD組に入り、イングランド、スコットランド、アルゼンチンと対戦することが決まった。なでしこジャパンは前々回の2011年ドイツ大会で初優勝を果たし、前回の15年カナダ大会では準優勝している。

 高倉麻子監督(50)は日本サッカー協会を通じてコメントを発表。「どのグループに入ってどのチームと対戦することになっても難しい試合になることは間違いありません。ワールドカップで再びトロフィーを掲げるという大きな目標はありますが、そこにたどり着くために一つ一つの試合を全力で戦い、その中で成長していきたいと思っています。私たちはチャレンジャーです。対戦国の分析もしますが、まずはなでしこジャパンのサッカーを追求していきたいと思います」と抱負を述べた。

 1次リーグD組に入ったなでしこジャパンは6月10日の初戦でアルゼンチン、14日の第2戦でスコットランド、19日の第3戦でイングランドと対戦。決勝は7月7日にリヨンで開催される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月9日のニュース