天皇杯V立役者の槙野が早速ツイッター更新「今日くらいさ…ワガママ言っていいよね??」

[ 2018年12月9日 22:47 ]

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝   浦和1―0仙台 ( 2018年12月9日    埼玉 )

<浦和・仙台>天皇杯を制し喜ぶ浦和・槙野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 浦和が1―0で仙台を下し、12大会ぶり7度目(三菱重工時代の4度優勝を含む)の優勝を決めた。前半13分に元日本代表MF宇賀神友弥(30)が決めたスーパーミドルによる1点をJリーグ発足後初となる4戦連続完封の堅守で守り抜いた。

 守備の要である日本代表DF槙野智章(31)は試合後、早速、自身のツイッターを更新。「今日くらいさ…優勝したからさ…絶対ワガママ言っていいよね??」とつぶやいた。

 ワガママを言う相手が今年2月に結婚した女優の高梨臨(29)なのか、それとも友人・知人なのか、はたまたクラブ関係者なのか定かではないが、フォロワーも槙野の希望する“ワガママ”に鋭く反応。「移籍じゃなければ」「いつも言うとるがな」「臨ちゃんになら、いいです」「素敵な夜を!」と様々な声が飛んでいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月9日のニュース