元東京Vの田中貴大が5年ぶりJ復帰 関東1部L浦安からJ2山口へ移籍

[ 2018年12月9日 19:02 ]

 J2山口は9日、関東1部リーグのブリオベッカ浦安からDF田中貴大(25)の加入が決定したと発表した。

 東京都八王子市出身の田中は身長1メートル70、体重63キロで、東京Vユースから2012年にトップチームへ昇格。翌13年には当時JFLだった町田(現J2)へ期限付き移籍し、14年にはJ2東京Vに復帰したが同年限りで契約満了により退団し、15年から浦安でプレーしていた。リーグ戦の通算成績はJ2が10試合0得点、JFLが55試合0得点、関東1部が34試合3得点。今季は関東1部で17試合0得点だった。

 5部相当の関東1部リーグから戦うカテゴリーを一気に3つ上げることになった田中は、東京Vユース出身の人気俳優・竹内涼真(25)と同期で、東京V時代の2014年以来5年ぶりのJリーグ復帰となる。

 田中は山口を通じて「もう一度Jリーグの舞台に戻してくれたレノファ山口FCのために良い日も悪い日も全力で雑草魂で頑張ります!そして楽しむことも忘れずに!一緒にレノファを盛り上げていきましょう!」とコメント。4年間在籍した浦安を通じては「このチームだったから僕はまたJリーグの舞台に戻れたと思っています!」とし、「ありがとうございました!!いってきます!!」と5年ぶりのJ舞台へ意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月9日のニュース